疾駆/chic第4号

¥ 1,728

SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

再入荷についてお問い合わせをする

第4号の特集は、「熊野」です。
最近では、熊野古道やその地に点在する霊場が世界遺産に登録されたこともあって、日本の「聖地」として注目を集めています。熊野は昔から地の果てと言われたり、摩訶不思議な逸話がたくさん生まれたりと、人と自然が特殊な関係を築いてきた場所でもあります。
地域の歴史研究家、奥深い山中で修行を続ける修験者、熊野でへき地医療に従事する医師、蔵を引き継できた酢の醸造職人、熊野を拠点に活動をするギタリストなど、様々な方にお話をうかがいました。多彩な人々の語りを通して熊野の魅力を伝えます。
また今号より、新たに2つの連載がスタートします。「アーティストの皿」(ゲスト:写真家・川内倫子さん)では、毎回異なるアーティストに作ってもらう手料理を通して、作品創作の裏側に潜むアイデアに迫ります。「横組み用書体をつくってみる」では、パソコンなどで用いられる書体設計の第一人者、鳥海修さんが本誌「疾駆」用に新たに書体を生み出す過程を綴ります。

蓮沼執太(音楽家)、安東陽子(テキスタイルデザイナー)、西村浩平(DIGAWELデザイナー)、保坂健二朗(東京国立近代美術館主任研究員)、村瀬恭子(画家)、花代(写真家)、原川慎一郎(レストランBEARDシェフ)、宮城太(アーティスト)、萩原俊矢(ウェブ・デザイナー)、古賀稔章(編集者)、中島佑介(Book shop/POSTオーナー)鈴木俊晴(豊田市美術館学芸員)、鳥海修(字游工房) (著)


目次

熊野
熊野へ
旅の始まり / 生活の道≠信仰の道, 熊野古道 / 海の道
熊野で
自然と人で, 歴史を作り出す / それはとても美味しい那智の滝水 / 朝起きたときに今日も生が続いていることに感謝をする / ギタリストの濱口祐自さんに, 海, 山, 鳥もち, 毒饅頭の話しを聞く / 全ての理に適ったものではないと, 作ったとしても, いずれ壊れていく

衣から振り返る
ロ・サンジンシリーズ ゲスト/ 石田尚志さん、由維子さん

連載
モームとL PACKの8月
立日 蓮沼執太
遠くの羽音 村瀬恭子
空間感 安東陽子
ワード プレス 萩原俊矢
けわふもの 鈴木俊晴
良口雑言 保坂健二朗
ブックケース・スタディ 中島佑介
横組み用書体をつくってみる 鳥海 修
アーティストの皿 川内倫子さん
Flourish

住む、の色々 戌井昭人さんを訪ねる
ここまで、ここ、ここから 五木田智央さん

かげろうのやうに 花代
書物の周縁、周縁の書物 古賀稔章

編集後記

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する